チョコレート賛歌

チョコレートの甘さについて、ほろ苦さについて、語り尽くすブログ。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hanukkah (ハヌカ)

ハヌカはユダヤ教の祝日で8日間続きます。12月のいつから始まるかはユダヤ教の暦によって決まります。2000年は12/21の日没から始まります。9本のろうそくを立てることの出来る燭台をメノーラと呼び、8日間ろうそくをつけていきます。9本のうち中央のろうそくの火から他のろうそくに火を移していきます。初日は中央のろうそくから左の一本に火をつけます。そして、このろうそくは吹き消したりせずに燃え尽きるまでそのままにしておきます。二日目は中央の一本と左の2本というように、8日間のハヌカが終わるまでに44本のろうそくを使うことになります。夜には御馳走をならべ、歌を歌ったり、どうしてハヌカをお祝いするに至ったかを語ったりするそうです。

ハヌカの時に食べるものとしてはLatkes(ラックス)があります。これはマッシュポテトと玉ねぎのみじん切りを丸めてフライしたポテトパンケーキで、ハッシュドポテトのような感じで美味しかったです。普通はサワークリームかアップルソースをつけて食べるそうですが、ケチャップをつける方が美味しい気がします。手軽な冷凍ラックスはどこのスーパーにもありました。

ハヌカの時子供たちは、毎晩プレゼントまたはお金をもらいます。そして、dreidel(ドゥレイデル)というコマを回してゲームをします。息子の幼稚園でも、ラックスを食べ、ドゥレイデルを作り、ハヌカをお祝いしたようです。そしてコインの形をしたチョコレートをもらってきました。店頭ではハヌカに関する商品がたくさん並びます。ユダヤ人はクリスマスツリーもリースも飾りません。この時期、NYにはいかに多くのユダヤ人がいるかを実感します。

参考 : アメリカの祝日、12月の祝日


Hanukkah - "Chocolate Coins" by YouTube


≪ハヌカの奇跡のオイル≫

約2000年前のイスラエルには、神殿でマノラ(※)に火を灯し、神様を礼拝するユダヤ人を嫌ったギリシャ系シリア人がいた。ある日、シリア人はユダヤ人にユダヤ教を学ぶことを禁じ、神殿から追放した。そこへ、「マカピーズ」と呼ばれる少数派のユダヤ人の集団が夜中にシリア人を襲い、再び神殿を取り戻す。さっそくマノラに火を灯そうとするのだが、オイルは1日分しかない。ところが、そのオイルが8日間なくならなかったという奇跡が起こった。そこで、再び礼拝ができたことを「ハヌカ」とし、次世代に語り告いでいくようになった。

※ 燭台のこと、メノラー、ハヌキヤとも言う。

参考 : ユダヤ人がクリスマスに祝う光のフェスティバル――ハヌカ



その他のオススメ :
 ・ 「ブログで歩くベルリン」 ハヌカ
 ・ ウィーン発 『コンフィデンシャル』 「ハヌカ祭」の意味
 ・ 「ポーキュパインからの手紙」 ハヌカなのでサウスパーク・ユダヤ・ネタ
 ・ 「ポーキュパインからの手紙」 ハヌカる
 ・ 「かつぶしごはん亭」 ハヌカごはん
 ・ 「ニューヨークの遊び方」 ハヌカ(Hanukka)
 ・ ユダヤ教「ハヌカ」便乗商売で赤恥、ニューヨークの食料品店 AFP BBニュース
 ・ 「ハイメール通信」 ハヌカ:宮きよめの祭り
 ・ 「AZ A BAJ・・」 ハヌカ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatecarol.blog118.fc2.com/tb.php/4-6a775b38



チョコレートサイト リンク集:

日本チョコレート・ココア協会 … 日本のチョコレート・ココアの製造者団体のHP
チョコレート博物館 … 市販のチョコレート菓子と地方限定チョコのサイト

chocolatecarol

Author:chocolatecarol
甘すぎるのはダメ。ビターすぎても、ちょっと…。
でもチョコレート大好き!

このブログをリンクに追加する

リンクはご自由にどうぞ。相互リンクのお問い合わせは、こちらから。チョコレートをテーマとしたサイトに限ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。