チョコレート賛歌

チョコレートの甘さについて、ほろ苦さについて、語り尽くすブログ。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャーリーとチョコレート工場 
(Charlie and the Chocolate Factory)

2005年製作、アメリカ映画。ファンタジー・コメディ。
監督 : ティム・バートン
主演 : ジョニー・デップ


ロアルド・ダールの児童文学小説『チョコレート工場の秘密』(原題は映画と同じ)が原作で、この作品の映画化は1971年製作の『夢のチョコレート工場』(メル・スチュワート監督)に次いで2度目となる。

ウィリー・ウォンカ製のお菓子は世界中で大人気。しかし、1度スパイによって極秘のレシピを洩らされた事から、ウォンカは工場を閉鎖。その後工場は製造を再稼動させるが、工場に立ち入りが許された者は一切なく、全ては謎に包まれていた。ところがある日、ウォンカは「生産するチョコレートの中に、5枚だけ金色のチケットを同封した。それを引き当てた子供は家族を一人だけ同伴の上、工場を見学する権利が与えられる。そして更に、そのうちの1人には素晴らしい副賞が付く。」という告知を出した。そのため、世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中、運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛んでいて、勝つことにこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー。

彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のような不思議な光景を体験していく。ところがその途中で、まるであらかじめ仕組んであったかのようなさまざまなハプニングが起きて、子供たちは一人、また一人と消えていく…果たして、最後まで工場を見て回れる子供はいるのか。ウォンカの「副賞」とは、そして彼の過去とは?




新版『チャーリーとチョコレート工場』の特徴

<原作の再現と現代性>

原作からの改変が多かった旧版に比べ、ティム・バートンによるこの新版の『チャーリーとチョコレート工場』は、原作をより忠実に再現した上で、映画オリジナルである「ウォンカの過去のエピソード」が盛り込まれている。それによると、ウォンカは幼少時代、歯科医である厳しい性格の父親に半ば虐待に近い躾をされてトラウマになっているため、現在も"parents"(両親)という言葉が口にできず、またフラッシュバックをしばしば起こすアダルトチルドレンとして描かれている。総じて、イデオロギーとしての家族が強調されている。

また現代的な脚色として、マイクがDOOMなどを思わせる暴力性の強いテレビゲームを遊んでいたり、ウンパ・ルンパがレザーの衣装やインカムを身に付けており、また彼らの歌も旧作では西洋わらべ歌風のオリジナル詞だったが、今作では原作に準拠した歌詞をもとに現代的なミュージックでアレンジされ、作品の見せ場になっている。


<ブラックユーモア>

ティム・バートン監督とジョニー・デップが組んだ作品である以上、予見されることではるが、“ひねている”ところがある。そう、この映画は子供向けのようでいて、子供向けではない。有名映画のパロディが組み込まれているのは良いとしても、話をきちんと最後まで聞かないなど「行儀の悪い子」に襲い掛かる災難の数々は、悲惨と言うより他にない。大人からすればブラックなジョークで済む話も、うっかり子供向けの映画と思って子供が見たら、中には本気で怯える子もいるかもしれない。それほどインパクトのある「お仕置き」的なハプニングが連続する。それなのにウォンカときたら、その様子をあからさまに楽しんでいるのである。 災難の元をただせば、それはウォンカ自身の意地悪い発言…、「1人だけ、特別プレゼント」に端を発しているにもかかわらず。

子供たちを工場に招待したウォンカは、実は子供嫌いなのか…? 次々とハプニングが起こること自体は原作通りらしいが、それが子供嫌いを疑わせるほど強調された背景には、原作にない、映画オリジナルストーリーである「ウォンカの過去」が絡んでいるように思う。しかし、オリジナルストーリーの誕生が先なのか、2人がタッグを組むことによって生まれたアイディアの誕生の方が先なのか…、それは判らない。



参考 : 
『チャーリーとチョコレート工場』 オフィシャルサイト
Wikipedia 「チャーリーとチョコレート工場」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chocolatecarol.blog118.fc2.com/tb.php/2-2b1ca4f0

チョコレートの中に落ちて死亡…

面白ニュースだなんて言っては、不謹慎と言われるのでしょうが… 「アメリカ、ニュージャージー州カムデンにある工場で、チョコレート・タ...


チョコレートサイト リンク集:

日本チョコレート・ココア協会 … 日本のチョコレート・ココアの製造者団体のHP
チョコレート博物館 … 市販のチョコレート菓子と地方限定チョコのサイト

chocolatecarol

Author:chocolatecarol
甘すぎるのはダメ。ビターすぎても、ちょっと…。
でもチョコレート大好き!

このブログをリンクに追加する

リンクはご自由にどうぞ。相互リンクのお問い合わせは、こちらから。チョコレートをテーマとしたサイトに限ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。