チョコレート賛歌

チョコレートの甘さについて、ほろ苦さについて、語り尽くすブログ。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャーリーとチョコレート工場 
(Charlie and the Chocolate Factory)

2005年製作、アメリカ映画。ファンタジー・コメディ。
監督 : ティム・バートン
主演 : ジョニー・デップ


ロアルド・ダールの児童文学小説『チョコレート工場の秘密』(原題は映画と同じ)が原作で、この作品の映画化は1971年製作の『夢のチョコレート工場』(メル・スチュワート監督)に次いで2度目となる。

ウィリー・ウォンカ製のお菓子は世界中で大人気。しかし、1度スパイによって極秘のレシピを洩らされた事から、ウォンカは工場を閉鎖。その後工場は製造を再稼動させるが、工場に立ち入りが許された者は一切なく、全ては謎に包まれていた。ところがある日、ウォンカは「生産するチョコレートの中に、5枚だけ金色のチケットを同封した。それを引き当てた子供は家族を一人だけ同伴の上、工場を見学する権利が与えられる。そして更に、そのうちの1人には素晴らしい副賞が付く。」という告知を出した。そのため、世界中がチケット争奪で大騒ぎとなる中、運良く引き当てたのは、食いしん坊の肥満少年オーガスタス、お金持ちでわがままな少女ベルーカ、いつもガムを噛んでいて、勝つことにこだわる少女バイオレット、テレビ好きで反抗的な少年マイク、そして家は貧しいが家族思いの心優しい少年チャーリー。

彼らはウォンカの招待のもと、工場の中で夢のような不思議な光景を体験していく。ところがその途中で、まるであらかじめ仕組んであったかのようなさまざまなハプニングが起きて、子供たちは一人、また一人と消えていく…果たして、最後まで工場を見て回れる子供はいるのか。ウォンカの「副賞」とは、そして彼の過去とは?




⇒続きを読む

スポンサーサイト


夢のチョコレート工場
(Willy Wonka & the Chocolate Factory)

1971年公開、アメリカ映画。ファンタジー・コメディ。
監督 : メル・スチュワート
主演 : ジーン・ワイルダー(ウィリー・ウォンカ役)




2005年に公開されたティム・バートン監督の作品、『チャーリーとチョコレート工場』(Charlie and the Chocolate Factory)と同じく、ロアルド・ダールの児童文学小説『チョコレート工場の秘密』を原作として、映画化した作品で、工場に入る子供に付く保護者の人数を、原作の2人から1人とした変更点は、後に製作された『チャーリーとチョコレート工場』にも受け継がれた。

しかし、「工場の入場に際しては、内部で起こり得る一切の危険事項からウォンカを免責する旨の膨大な長さの契約書に署名を強いられる場面」があって、欧米の訴訟社会特有のリーガル・カルチャーの影響が見られる他、

 ・ 工場で働くウンパ・ルンパを全て、実際の何人もの身長の低い役者が演
   じている (2005年の『チャーリーとチョコレート工場』では、ディープ・ロイ
   が一人で数十人分を分けて演じたCG合成や、ロボットを使い再現)。
 ・  「クルミを割るリス」の部屋の再現が、当時の技術では難しかったため、
   「金の卵を産むガチョウ」の部屋に差し替えられた。
 ・ 身長の伸びたマイク・ティービーを作るのも、当時の技術では難しかった
   ため、子供たちが酷い目に会った後で工場から出てくるシーンはカット。

した点など、ティム・バートン監督の『チャーリーとチョコレート工場』とは異なる部分もある。



参考 : Wikipedia 「夢のチョコレート工場


チョコレートサイト リンク集:

日本チョコレート・ココア協会 … 日本のチョコレート・ココアの製造者団体のHP
チョコレート博物館 … 市販のチョコレート菓子と地方限定チョコのサイト

chocolatecarol

Author:chocolatecarol
甘すぎるのはダメ。ビターすぎても、ちょっと…。
でもチョコレート大好き!

このブログをリンクに追加する

リンクはご自由にどうぞ。相互リンクのお問い合わせは、こちらから。チョコレートをテーマとしたサイトに限ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。